コントロールカラーや化粧下地は潤い肌の上にのせてこそ効果が発揮できる!

 

寒く乾燥する時期はファンデーションのノリが悪くなりやすいため、ファンデーション前の化粧下地が欠かせません。
また、寒い季節は頬が赤くなりやすいため、
頬の赤みをおさえるために青いコントロールカラーやベージュのコントロールカラーを使う人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、化粧下地もコントロールカラーも極度の乾燥肌の上にのせても浸透しにくいかもしれません。
またコントロールカラーは、乳液のように滑りがよく作られてはいないため、
極度に乾燥した肌の上にのせると、
コントロールカラーの水分だけがどんどん吸収されてしまい、上手に伸ばせなくなってしまうこともあります。

 

コントロールカラーや化粧下地に化粧水や乳液などを使うと潤いが十分にいきわたります。
潤った肌の上ではきれいに薄く伸び、ファンデーションをまんべんなく付着させることができます。

 

つまり、コントロールカラーやベージュの化粧下地をきれいに使う前提には「潤い肌」があるのです!

 

 

オールインワンジェルを化粧下地に加えればウィンウィン効果を期待できる!

 

乾燥肌の方にとっては、コントロールカラーや化粧下地は苦痛です。

 

もし化粧下地なしでファンデーションだけなら、クレンジングと洗顔も簡単に終わります。

 

しかし、コントロールカラーや化粧下地は、
毛穴のぼこぼこに埋め込むようにして使うことが多いため、クレンジングも洗顔も入念にしなければなりません。
クレンジングと洗顔を入念にすれば、自然と皮脂もしっかりと落とされてしまいます。

 

待っているのは乾燥肌の悪循環なのです。

 

 

乾燥肌が辛い方は、コントロールカラーや化粧下地を素肌にのせる前に十分な保湿をしておくことが大切です。
肌に充分な水分を与えておけばコントロールカラーの水分を吸い取る必要はなくなり、きれいに仕上げることができるでしょう。

 

ただ、メイク前の保湿に化粧水と乳液を使ってしまうとべたつきが気になるかもしれません。
乾燥肌の方はべたつきとは無縁のような気がしますが、乾燥肌の人は水分はなくても皮脂は多く出ていることが多いのです。

 

そんな乾燥肌の方は、化粧下地やコントロールカラーを使う前にオールインワンジェルを使ってみるといいのではないでしょうか^ ^

 

オールインワンジェルは乳液ほどオイル分が多くはなく、化粧水ほど水状ではありません。
そして、1本でスキンケアが完了するためメイク前に時間を摂られる心配もいらないのです。

 

オールインワンジェルを化粧下地前に加えることで、
オールインワンジェルが持っている保湿効果を期待できるとともに、コントロールカラーや化粧下地のノリをよくすることができます。

 

 

オールインワンジェルを化粧下地として使うコツ!

 

オールインワンジェルを化粧下地に加えるときには、入浴後のスキンケアとはちょっと違う点に気をつける必要があります。
まず一つ目の注意点は「つけすぎないこと」です。

 

オールインワンジェルに限らず、メイク前にたくさんのものをつけすぎてしまうとファンデーションがよれる原因となります。
ファンデーションは、薄くつければ薄くつけるほどきれいに仕上がるのです。

 

ファンデーション前に肌の上に余分な水分が乗っていると水分の上にファンデーションが集中してしまい、色むらやよれが発生します。
化粧下地としてオールインワンジェルを使うときには、夜のスキンケアよりも少なめの量を使うようにしましょう。

 

二つ目の注意点は「オールインワンジェルをこすらないこと」です。

 

化粧下地としてオールインワンジェルを使うとき、できるだけ肌に水分を与えようと必死に指の腹で押し込む人がいます。
しかしオールインワンジェルは、こすってしまうとボロボロと固まりとなって落ちてきてしまうのです。

 

肌表面に薄くのせたら、ゆっくりと肌に水分が吸収するまで待っているようにしましょう。
そして、肌にのせた直後は水分量が多いためメイクが上手にできません。
肌にのせてしばらく待ち、水分がある程度なくなってからメイクを始めましょう。

 

 

オールインワンジェルは、化粧水や乳液よりもとろみがあるため扱いやすいスキンケア化粧品です。
乾燥肌の人がメイクをきれいにするコツは、素肌の水分量を高めることかもしれません。
メイクの土台となる素肌をオールインワンジェルでしっかりと整えて、きれいなメイクを目指しましょう。

 

 

1回でもOK!ビューティーオープナージェルをお試し♪

 

 

※効果・・・化粧品効果・効能の範囲内。
※浸透・・・角層まで。
※個人の感想で、効果効能を保証するものではありません。